【2018年8月時点】windows7からWindows10へのアップグレードを躊躇していた理由とアップグレードした結果

2020年でサポート終了のWindows7。
そのうちいつかはWindows10に移行しなければなあ・・・と思いつつ、腰が重い重い。
僕がアップグレードを躊躇していた理由は以下の通りです。

1.一度アップグレードに失敗している

→例の猛烈で半強制的なアップグレードキャンペーンの時、ふらっとアップグレードを試した時がありました。
ボタンポチるだけだからつい出来心で。
結果は見事失敗。
途中でこのPCでは無理!と叱られました。だめなら最初から言ってよ(笑)
で、今回はその反省を踏まえ、いろいろ調べてみた結果、

「事前にWindows Updateをすべて更新しておく」

が功を奏したのかもしれません。
今回のアップグレードは何のトラブルもなく、1時間程度で完了しました。

参考にさせていただいたページ
Windows7は、いつでもWindows10にアップグレードできます

2.使用ソフトが使えなくなる?

→全部問題なく使用できてます。10には入っていないWindows liveメールもそのままソフトごと移行。
10未対応のAdobeCS5も問題なし。(だめならこの際CCに移行しようと思ってたけど必要なかったw)
その他フリーソフト等も変わらず使用可能。

3.ネットバンキングが未対応?

→伊予銀しか使ってないけど、すでに対応済みで問題なく使えてる。

4.windows7と10の使い勝手の違いに戸惑って仕事に支障がでる?

→1時間で慣れる。

5.アップグレード後、外付けHDDのデータがすべて吹き飛ぶ事象がネットで散見。

→すべての外付けHDD問題なし。

以下のページを参考にさせていただき、事前に外付けHDDの設定を確認してみました。
windows7からWindows10へアップグレードしたユーザーにありがちな罠

二つ付いている外付けHDDのうち一つは「クイック削除(既定)」になっていなかったのですが、ハードウェアが対応していないようで設定変更できませんでした。
でも、移行後もデータが消えたり認識されないといった不具合は今のところありません。
※念のため、「高速スタートアップ」を無効に設定しています。

6.無料でアップグレードを謳っていた新OSに2万円出す?

→2018年8月時点でもまだ無料で移行可能。
Windows 10 のダウンロード
このページで「ツールを今すぐダウンロード」を押して、アップグレードするためのツールをダウンロードします。
僕はUSBに保存して、そこからアップグレード作業に入りました。
※途中で選択画面が表示されます。

【結論】

もっと早く移行しておくべきだった(o^^o)

・起動めちゃはやっ!
・インターフェイスのサイズや文字を細かく設定可能(老眼対策)
・Windows7環境そのまま保持でいつもと変わらない使用感。
・仮想デスクトップ機能(1台のパソコンで複数のデスクトップ画面を作成)
・マルチモニターすべてにスタートボタン、タスクバー表示

Windows7!今までありがとう!ご苦労様!
君はほんとに良いOSだったよ(o^^o)

これからはWindows10といっしょにがんばっていくよ。
バイ

関連記事

  1. ショップカード
  2. ひとみ食堂様パン教室パンフレットデザイン
  3. 悪だくみカフェ看板ロゴ
  4. スキマの妖精
  5. スカイプオンライン塾ディプロマ-(2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP