ブランディング

新しい価値を生み、育て、浸透させる

ブランディングメインイメージ
企業や店舗、商品、サービス・・、すべてが作り出したひとの想いの結晶と言えるかもしれません。
しかし、それが届けたい相手に受け入れられるかどうかは、それが「価値のあるものとして認知されるか」によるのではないかと考えます。

例えば、
あなたの会社の優れた点、ユニークな点は、あなたが思ってほしいイメージでしっかりみんなに伝わっているでしょうか。

良い商品ならだまっていても売れる。
そんなことが妄想にすぎないことは誰でもおわかりだと思います。

スキマデザインでは、
ホームページやロゴの制作・印刷物等の販促ツールを活用して、お客様の生み出した新しい価値を明確化します。
共感や信頼が生み出される仕組みづくりにより企業・サービス・商品イメージを強化し、ライバルとの差別化や価格競争からの脱却、販促コストの削減をめざします。

そもそも「ブランド」とは?

ブランドとは、その企業名や商品名、サービス名を聞いたり、ロゴを見たりしたときに見た人が心に思い浮かべる「イメージ」そのもののことです。

例えばAppleの名前やロゴを見たとき、多くの方が「アップル商品はオシャレ」と思い浮かべるかもしれませんし、
モスバーガーなら「少し高いけど、カラダに良くて美味しい」と考えるかもしれません。

思い浮かべるイメージがある = ブランドの確立

そしてそのイメージを思い浮かべてもらえるように、企業の理念やコンセプト、魅力、付加価値、将来の展望を言語化し、それを充分に伝え、拡散し、浸透させるための戦略が「ブランディング」です。

継続的にブランドの構築を進める = ブランディング

ただ、ブランドというのは何も大企業だけのものではありません。
価格競争やライバル企業の存在、優秀な人材確保に頭を悩ませる中小企業にこそ、他社との差別化のためにブランド戦略は必要不可欠と言えます。

ブランドの有無で何が変わるのか

ブランドが確立され、その企業や商品、サービスにすでにポジティブなイメージを持っている人たちは、
「お客様」から「ファン」に変わっていきます。
ファンになってもらえることで、どんな違いが生まれるのでしょう?

「お客様」と「ファン」の違い

お客様 ファン
購入動機 熱心な販促活動 自分から関心を寄せ、新商品や新規サービスに期待している。
事業主に対するイメージ よくわからない。不安 すでに信頼を寄せている
価格 ライバル商品との比較検討、値段次第 多少高くても関係なし
行動 ちょっとしたことで不満に感じる 口コミで良い評判を伝えてくれる。

ブランド確立後のメリット

「相見積や値引き交渉をされることが少なくなった」
「社員やスタッフが会社に誇りをもって積極的に仕事に取り組んでくれるようになった」
「今までの顧客との関係性が良くなった」
「優秀な人材がうちで働きたいと言ってくれるようになった」
「テレビや雑誌の取材が舞い込むようになった」
「借入や融資など、資金調達が楽になった」
「県や町の助成金が取りやすくなった」

スキマデザインがご提案するブランディングの詳細

ブランディングといっても、その企業や商品、サービスのバックグラウンドによってアプローチはさまざまです。
ここでは、一般的なプランディングの流れについて一例としてご紹介いたします。

1、コンセプトづくり

誰(ターゲット)に何を伝えたいのか、「企業理念」、「コンセプトワード」の策定。

企業理念とは、その会社が何を目的として存在しているのか、どのような価値観を持った集団なのかを言語化したものです。経営者も含め、全社員の価値観のよりどころになります。
その企業理念を受けて、外部に打ち出すシンプルなキャッチコピーを「コンセプトワード」といいます。

例:カゴメ
【企業理念】
「感謝」 私たちは、自然の恵みと多くの人々との出会いに感謝し、自然生態系と人間性を尊重します。
「自然」 私たちは、自然の恵みを活かして、時代に先がけた深みのある価値を創造し、お客さまの健康に貢献します。
「開かれた企業」 私たちは、おたがいの個性・能力を認め合い、公正・透明な企業活動につとめ開かれた企業を目指します。

【コンセプトワード】
自然を、おいしく、楽しく。KAGOME

カゴメ 会社案内 企業理念ページより
http://www.kagome.co.jp/company/about/vision/

2、CI ロゴの決定

CIとは「コーポレートアイデンティティ」の略です。企業の文化や独自性を統一したイメージやデザインで発信します。
それが「ロゴ」です。

ロゴのデザインは企業理念やコンセプトワードを反映させたものである必要があります。
ブランド構築はロゴを策定し発表することから始まると言っても過言ではありません。ブランド構築の基礎となります。
企業イメージを表現する最上位のシンボルであり、そのロゴを見た人が企業のポジティブなイメージを思い浮かべることのできるものにならなければなりません。
また、ロゴはWEBサイト、会社案内パンフレット、名刺、看板、などあらゆるもの使用され企業全体のイメージを決定づけるものなります。

3、アウトプット物の制作

WEBサイトの制作、名刺、DM、チラシ、パンフレットなどの統一化された印刷物の制作

外部に打ち出していくアウトプット物を統一化することで、ブレのないブランドイメージを発信していくことが可能になります。

【WEBサイト、ホームページ】
一昔前なら、確立したブランドの普及は、テレビCMや雑誌などのメディアに多く依存していて非常にコストの高いものでした。
現在はインターネットの普及で、中小企業でも効率よく低コストで販促活動できる時代です。
ただ、WEBサイト、ホームページを作れば勝手にお客さんが見に来てくれるというものではありません。
企業理念やコンセプトワード、ロゴを元に、届けたいお客様に伝わるようにブランディング戦略を施したWEBサイト、ホームページを構築、運営していく必要があります。

【紙媒体の販促ツール】
すべての販促活動がオンラインのみで完結するわけではありません。
業態や業務内容、お客様の年齢層などによって、効果的な販促物の種類は変化します。
状況に応じて柔軟に、名刺やDMハガキ、チラシ、会社案内パンフレットなどを有効に活用していきます。

4、情報の拡散

制作したWEBサイト、ホームページの公開、運営。統一化した印刷物の配布、拡散。
その他、見本市などのイベント企画、運営などを積極的に行なっていきます。

ブランディングにまだ取り組んでいらっしゃらないみなさまへ

ブランディングとは

「強くて前向きなイメージを策定し、それを普及、定着、継続していくための戦略」です。

ただ、ブランド化というと大企業が多額な予算を使って行なうものであり、自分の会社では難しいのではと考える経営者さまが非常に多いです。
また、ブランドイメージ戦略ははっきり目に見えない、カタチがわかりづらいため、よくわからないというご意見もよくいただきます。

「ブランド化についての説明」
「御社ではどういったブランディング手法が有効なのか」
「ブランディングすることでどのような変化が現れるのか」
「どれぐらいの予算がかかるのか」

詳細にご説明させていただきます。
まずはお気軽のご相談ください。

下層ページ用制作実績へのリンクバナー

PAGE TOP